ヒップアップには何故キャビテーションが向いているのか

日本人は、欧米人に比べると腰の位置が低く、ヒップが垂れてくると余計に目立ってしまいがちな体型をしています。
欧米人にもお尻が大きい人がたくさんいますが、腰の位置が高い分それほどアンバランスに見えないという得をしているのです。そこでここでは、ヒップアップにおすすめのキャビテーションについて紹介します。

 

理想のヒップとは

 

日本人女性にとって、理想のヒップとは無駄な贅肉がついておらず、小尻だということではないでしょうか。男性からの見た目とはまた違うかもしれませんが、欧米人がそれなりにふくよかなヒップが形が良いと考えられているのに対して、日本人女性の小尻願望は強く感じます。

 

欧米人よりも各パーツがコンパクトにおさまっていたほうが、日本人の全体のバランスはよく見えるということでしょう。

 

しかし、現実は欧米人並みとまではいかずとも、年をとるほどにヒップの筋肉が低下してきて脂肪もつきやすくなってくるもの。

 

理想のヒップを保つには、それなりのトレーニングを毎日積んでいなければ難しそうです。

 

ヒップアップは難しい?

 

ヒップアップを運動で何とかしようとすると、毎日のトレーニングが欠かせません。それも、ウォーキングなどの運動では、ヒップアップはなかなか難しいのがネックです。

 

ヒップアップをするには、筋肉を引き締めつつ贅肉を落とすことが重要。となると、キャビテーションで脂肪を落としながら骨盤矯正などで引き締めをするのがよいでしょう。

 

忘れてほしくないのは、美しいヒップは筋肉で引き締めておくことも欠かせないということ。

 

キャビテーションで脂肪を落とすだけでは、再び脂肪がついても引き締めるサポートがありません。そこで、筋肉を引き締めておくために骨盤矯正などが必要になってくるのです。