キャビテーションを受けられない人

寝ているだけでダイエット効果があると評判のキャビテーションですが、効果を感じている人が増え続けている一方でキャビテーションを受けられない条件下にある人もいます。ここでは、安全のためにもキャビテーションを受けられるかどうかのチェックを行っておきましょう。

 

何らかの疾患がある場合

 

心疾患、あるいは皮膚疾患、血管系疾患、糖尿病などの疾患がある場合、キャビテーションの施術は受けられない場合が多いです。

 

体脂肪を分解するほどの効果があるキャビテーションですから、急な刺激によって病気に悪影響を与えてしまうこともあるかもしれません。

 

以前心疾患を患い、ペースメーカーを装着しているという方も施術を断られる場合が多いです。

 

生理中や妊娠中

 

女性の場合は、生理中や妊娠中ということもあるでしょう。妊娠中の場合は、どの部位にでも施術は困難とされるエステがほとんどです。

 

また、生理中の場合は、腹部への施術が難しいとされています。他にも、子宮に疾患がある場合には、腹部への施術が避けられています。

 

女性には、知らずに婦人科系の病気を抱えている人も多いものです。キャビテーションを良い機会と思って、一度婦人科検診を受けておくのもいいかもしれません。

 

怪我やヤケドをしている場合

 

怪我やヤケドなどをしている患部には、キャビテーションの施術は避ける必要があります。また、骨がもろくなっている人も注意する必要があります。

 

カルシウム不足で骨粗しょう症の人が増えている昨今、骨の状態には注意しておいたほうがよいでしょう。

 

他にも、顔や胸部へのキャビテーションは出来ないとするエステがほとんどです。刺激の強い施術だけに、施術部位は慎重に検討したほうがよさそうです。