くびれを作りたい人にはキャビテーションがおすすめ

ただ痩せていれば、くびれなど必要ないと思いますか?実は、くびれがあるからこそスタイルは良く見えるのです。ただほっそりとしているだけでは、骨が歩いたり立ったりしているようなもの。女性らしさも損なわれ、痩せているのにあまり魅力がない体つきとなってしまいます。

 

しかし、くびれを作るための運動は苦手という方もいるでしょう。そこでここでは、くびれを作るためにキャビテーションを利用するメリットについてお話します。

 

くびれができない原因とは

 

くびれができないのには、大きく分けて2つの原因があります。1つは、痩せていながら骨盤が開いていて筋肉が締まっていないため、くびれができないケース。

 

もう1つは、脂肪が多くて筋肉が活動しにくくなっているケースです。キャビテーションが向いているのは、もちろん後者の脂肪が増え過ぎてしまっているケース。キャビテーションを利用すれば、脂肪が分解されて筋肉を引き締めやすくなりますよ。

 

キャビテーションコースの組み合わせ

 

エステでは、キャビテーションを単体でサービスするだけでなく、他のメニューとセットにして提供しているところも多いものです。

 

例えば、脂肪が付き過ぎてくびれができないならキャビテーション単体でもいいかもしれません。しかし、脂肪が落ちた後の筋肉の引き締めには、他のメニューの助けも必要になってくるでしょう。

 

また、痩せているのに筋肉がなくてくびれができないケースには骨盤矯正が向いていますが、もしも意外に体脂肪が付いていることがわかったら、キャビテーションで同時に脂肪の分解もトライしてみるとよいでしょう。こうしてキャビテーションとプラスアルファの組み合わせをすることで、より理想の体型に近づくことが可能になってきます。